世界標準CMS Movable Type使用

世界標準CMS Movable Type使用さまざまなCMS(コンテンツマネジメントシステム)が提供されている中、我々は世界標準CMSのMovable Type(有償)のみを使い続けています。アレグレットのホームページ制作サービスは54,780円(税込)~という価格帯でありながら、実に9万9千円(税込)ものCMS「Movable Type」が含まれております(注1)。それは世界中を圧巻し、CMSを生み出すきっかけとなったMovable TypeこそがあなたにふさわしいCMSだと考えているからです。
注1:9万9千円(税込)を月額5,500円(税込)で回収するには実に18ヶ月かかります。よって弊社では、36ヶ月(3年間)を拘束期間とさせていただいております。

巷では無料のWordPressが主流となっています。しかしながら、無料のWordPressは2017年に起きた、150万件超にも及んだ改ざんは誰もが知っている大事件。

WordPressサイトの改ざん被害は150万件超に 「最悪級の脆弱性」
(http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1702/13/news045.html)

更には2013年にも、GMOグループを対象とした大規模な改ざん被害が発生しています。

2013/09/09 第三者によるユーザーサイトの改ざん被害に関するご報告
(https://lolipop.jp/info/news/4149/)

2013年はWordPress側の問題というよりもGMOグループのWordPressの設定の問題ですが、いずれにせよ、WordPressはセキュリティの大問題を度々起こしているのは事実です。一方、Movable Typeはサイト改ざんといったセキュリティ上の大問題を引き起こしたことはありません(注2)。
注2:Movable Typeも当然セキュリティ的な問題が起き、その修正プログラムが定期的に提供されています。しかし非常に深刻な問題が起きたことはありません。

それが評価され、日経平均株価構成銘柄225社の実に半数以上がMovable Typeを利用、2017年度の商用パッケージ型CMSの国内導入シェアはなんと88%(数量ベース)を獲得。

世界標準CMS Movable Type使用ユーザビリティもMovable Type、WordPressではほとんど遜色がありません。使い勝手の良い管理画面、そして安心して使えるセキュリティレベル、上場企業がメインに使っている事からも多くの方々がCMSならMovable Typeだと立証しています。

つまり、我々はあなたにふさわしいCMSは世界標準CMSであるMovable Typeだと考えているのです。
補足:アレグレットのホームページ制作サービス『ミラクルCMS』はMovable Type上で動く商品。

Menu
PageTop